> Linux Reviews > man >

pwd


  1. pwd.1.man
  2. pwd.9.man


1. pwd.1.man

Manpage of pwd

pwd

Section: User Commands (1)
Updated: 18 June 2002
Index Return to Main Contents
 

名前

pwd - 現在のディレクトリ (ワーキングディレクトリ) の名前を表示する  

書式

pwd

pwd [--help] [--version]  

説明

pwd はカレントディレクトリの名前を完全に展開してから表示する。 つまり表示された名前における各部分はすべて実際のディレクトリ名であり、 シンボリックリンクではない。

Unix のほとんどのシェルには同名の組み込みコマンドがあるので、 単に `pwd' として実行すると、 ここで記述されたものとは異なった機能のものが実行されるだろう。  

オプション

--help
標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。
--version
標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。
 

注意

プログラムのバグについては bug-sh-utils@gnu.org に報告してください。 ページの更新は Ragnar Hojland Espinosa <ragnar@ragnar-hojland.com> が行っています。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
注意

This document was created by man2html using the manual pages.
Time: 17:38:53 GMT, October 23, 2013

2. pwd.9.man

Manpage of pwd

pwd

Section: Tcl Built-In Commands (n)
Updated:
Index Return to Main Contents



 

NAME

pwd - Return the absolute path of the current working directory  

SYNOPSIS

pwd



 

DESCRIPTION

Returns the absolute path name of the current working directory.  

EXAMPLE

Sometimes it is useful to change to a known directory when running some external command using exec, but it is important to keep the application usually running in the directory that it was started in (unless the user specifies otherwise) since that minimizes user confusion. The way to do this is to save the current directory while the external command is being run:

set tarFile [file normalize somefile.tar]
set savedDir [pwd]
cd /tmp
exec tar -xf $tarFile
cd $savedDir

 

SEE ALSO

file(n), cd(n), glob(n), filename(n)

 

KEYWORDS

working directory


 

Index

NAME
SYNOPSIS
DESCRIPTION
EXAMPLE
SEE ALSO
KEYWORDS

This document was created by man2html using the manual pages.
Time: 17:38:53 GMT, October 23, 2013

SVENSKA - SVENSKA - SVENSKA - cs - da - SVENSKA - SVENSKA - SVENSKA - SVENSKA - nl - pl - ro - SVENSKA - zh_CN