> Linux Reviews > man >

portage


  1. portage.5.man


1. portage.5.man

Manpage of PORTAGE

PORTAGE

Section: Portage (5)
Updated: Jan 2004
Index Return to Main Contents
 

名前

portage - Gentooの中核  

説明

現在のPortageコードは、多くの異なった設定ファイルを使用する。その多くは、 ユーザーや通常の開発者には知られていない。ここでは、ユーザーがPortageをより 効果的に使用できるように、その知られていない部分を明らかにしていく。 これは、まだmanページに乗っていないファイルのみに対するリファレンスである。
注釈:
もし、何かをemergeする方法についての情報を探しているのなら、 emerge(1)を参照のこと。
 

書式

/etc/
make.globals
make.conf(5)
/etc/make.profile/
deprecated
make.defaults
packages
packages.build
package.provided
use.defaults
use.mask
virtuals
/etc/portage/
bashrc
package.mask
package.unmask
package.keywords
package.use
mirrors
categories
use.mask
/etc/portage/profile/
サイト固有の/etc/make.profile/上書き設定
/usr/portage/profiles/
arch.list
categories
package.mask
thirdpartymirrors
use.desc
use.local.desc
/var/lib/portage/
world
 

用語解説

後続の章では、いくつかの用語は聞き慣れない、あるいはPortage特有の意味で使用 されているかもしれない。詳細な説明は、参照先のmanページを見ること。
DEPENDアトム(それぞれのパッケージ名)
パッケージ名と一致する文字列。カテゴリ名/パッケージ名という形式で構成される。 任意で、論理演算子やバージョンを含めることも可能。
さらに詳しくは: ebuild(5)
KEYWORD
それぞれのアーキテクチャは、一意なKEYWORDを持つ。
さらに詳しくは: ebuild(5)
virtual
"virtual"カテゴリの一部であるDEPENDアトム。異なるパッケージが依存性を満足 するが、それらのうち1つしか必要ないようなときに使用される。
さらに詳しくは: ebuild(5)
 

ファイルの説明

/etc/
make.globals
Portageのグローバルなデフォルト設定。このファイルはportageパッケージに 含まれている。make.conf内の設定は、これを上書きする。書式 については、make.conf(5)にて広範に説明されている。
make.conf
Portageに対するグローバルなカスタム設定。make.conf(5)を参照のこと。
/etc/make.profile/
通常は/usr/portage/profiles/内の正確なプロファイルに対するシンボリック リンクになっている。これは、Portageツリーの一部であるため`emerge --sync`を 実行することで簡単にアップデート/再生成することができる。 このファイルでは、(通常はアーキテクチャ特有の)プロファイルが定義される。 もし、カスタムプロファイルが必要なら、独自の/etc/make.profile/を作成して、 そちらに移行すること。しかし、単にいくつかの設定を上書きしたい場合、 これらのファイルは編集しないように。というのは、次回の`emerge --sync`で それらの変更は消失してしまうためである。上書き設定については、後述される章の /etc/portage/を参照のこと。
deprecated
そのプロファイルが非推奨であることを示すファイルで、既にGentooによってサポート されていないことを意味する。 ユーザーのアップグレード対象として推奨されるプロファイル名を含む。
make.defaults
Portageのデフォルトのプロファイル設定。一般的な書式については make.conf(5)で述べられてる。使用しているプロファイルの make.defaultsではいくつかの特殊な変数も定義されている。

ARCH
アーキテクチャタイプ(x86/ppc/hppa/etc...)。
USERLAND = GNU
BSD/cygwin/etc... サポート
PORTAGE_LIBC = glibc
uClibc/BSD libc/etc... サポート
PROFILE_ARCH
同じARCHの中のマシンを区別する。sparcマシンは全てARCH=sparc であるが、この変数は'sparc32'か'sparc64'に設定されている。
STAGE1_USE
stage1からstage2へとブートストラップするときに必要となる可能性がある特殊なUSEフラグ。
GRP_STAGE23_USE
stage3とGRPセットをビルドするときにcatalystが使う特殊なUSEフラグ。
packages
このファイルには、2つの目的がある。1つは、特定のパッケージ/バージョンを プロファイルに基づいてマスクすること。2つ目は、systemという特別な クラスを構成するパッケージのリストを提供すること。

書式:

- #から始まる行はコメント。 
- 1行に1つのマスク対象のDEPENDアトムを記述する。
- systemクラスに追加されるパッケージは、*で始まる。
注: カスケードプロファイル設定においては、パッケージアトムの先頭に '-' をつけることによって、親プロファイルで追加されたパッケージを子プロファイルで削除することができる。

例:

# この行はコメント!
# glibc 2.3 以下のバージョンのみを許可する場合
<sys-libs/glibc-2.3
# バージョンを問わず、bashをsystemクラスに追加する場合
*app-shells/bash
# 4.2以前のバージョンのreadlineのみを許可し、
# systemクラスに追加する場合
*<sys-libs/readline-4.2
packages.build
stage1 tarballを構成するパッケージのリスト(1行に1つ)。 実際は、stageを構築する人にしか関係ない。
package.provided
Portageがインストールされている(provided)とみなすパッケージのリスト (1行に1つ)。Linux 以外のシステムに移植するときに便利である。 Portage はここに挙げられたパッケージは、 別のパッケージがここに挙げられているバージョンより新しいものを 明示的に要求しないかぎり、パッケージを更新しようとしない。 基本的に、これはemerge --injectの文法を置き換えるリストである。

例えば、自分で2.6系列のカーネルを管理しているとすると、 Portage に「sys-kernel/development-sources-2.6.7」 がすでにインストールされていると教え、 この依存関係を外すことができる。

書式:

- コメントは # で始まる
- 1行につき1 DEPEND アトム
- 関係演算子は使えない
- バージョンは必須

例:

# カーネルの面倒は自分で見る
sys-kernel/development-sources-2.6.7

# 自分お手製の QT をインストール
x11-libs/qt-3.3.0
use.defaults
ここでは、デフォルトのUSEフラグは定義していないが、auto-USEフラグと 呼ばれているものを定義している。Portageのあまり知られていない機能として、 フラグが明示的には無効にされていない状態で、パッケージがインストールされる場合、 USEフラグが有効にされる場合がある、というものがある。このファイルは、USEフラグと パッケージの関係が記述されており、これに基づいてauto-USE機能が動作することになる。

言い換えると、もし"sdl"あるいは"-sdl"をUSEフラグに指定していなくても、 media-libs/libsdlはemergeしている場合、Portageは自動的に"sdl"をUSEフラグに 追加する。

書式:

- # から始まる行はコメントである。
- 1行に1つのUSEフラグと、DEPENDベースアトムのリストを記述する。

例:

# media-libs/libsdlで"sdl"を有効にする場合
sdl        media-libs/libsdl
# dev-lang/tclおよびdev-lang/tkが両方ある場合のみ
# tcltkを有効にしたい場合
tcltk      dev-lang/tcl   dev-lang/tk
use.mask
USEフラグの中には、アーキテクチャによっては意味を成さないものもある (例えば、非ppc環境でのaltivecや非x86環境でのmmx)。ここには、マスクするものを列挙する。

書式:

- # から始まる行はコメントである。
- 1行に1つのUSEフラグを記述する。
virtuals
このファイルでは、デフォルトでvirtualとなるパッケージを管理する。 例えば、あるパッケージがe-mailを送信する必要がある場合、virtual/mtaが必要となる。 virtual/mtaを提供するパッケージ(qmail、sendmail、postfix等)が無い場合、Portageは このファイルを見てどのパッケージを使用するかを決定する。この場合、Gentooは (virtualファイルで定義されているので)、net-mail/ssmtpをデフォルトで使用する。 net-mail/ssmtpがデフォルトで定義されているのは、このパッケージが e-mailを送信するには極めて単純で最小限であると言う理由からである。

書式:

- # から始まる行はコメントである。
- 1行に1つのvirtual名とDEPENDアトムのペアを記述する。

例:

# net-mail/ssmtpをデフォルトのMTAとして使用する場合
virtual/mta           net-mail/ssmtp
# app-dicts/aspell-enをデフォルトの辞書として使用する場合
virtual/aspell-dict   app-dicts/aspell-en
/etc/portage/
bashrc
必要な時、このファイルはebuild用に標準のroot 環境とは異なる特殊な環境を構築するのに使用される。 構文は、他のbashスクリプトと同じである。
package.mask
マスクするDEPENDアトムのリスト。特定のバージョンのパッケージがうまく動作しない 場合に役に立つ。例えば、Nvidiaドライバーを使用いるが、1.0.4496以前ものだけを 使いたい、という場合。問題なし!

書式:

- # から始まる行はコメントである。
- 1行に1つのDEPENDアトムを記述する。

例:

# 1.0.4496以前のバージョンの
# nvidiaドライバーをマスクしたい場合
>=media-video/nvidia-kernel-1.0.4496
>=media-video/nvidia-glx-1.0.4496
package.unmask
前述したpackage.maskのように、マスクを外したいパッケージを列挙する。 グローバルなpackage.maskファイルの設定を上書きしたい場合に使用される(詳細は後述)。 KEYWORDSによってマスクされたパッケージは上書きしないことに注意。
package.keywords
パッケージごとのKEYWORD。通常の安定したマシンにまだ非安定版のパッケージを混在させたい場合、あるいはその逆の場合に使用される。このファイルは、1パッケージに対するACCEPT_KEYWORDSを追加する。

書式:

- # から始まる行はコメントである。
- 1行に1つのDEPENDアトムと、それに続けてACCEPT_KEYWORDSを記述する。

例:

# 常に非安定版のlibgdを使用したい場合
media-libs/libgd ~x86
# 安定版のmplayerのみを使用する場合
media-video/mplayer -~x86
# -* でマスクされたパッケージを使う
>=sys-kernel/linux-headers-2.6 -*
package.use
パッケージごとのUSEフラグ。ローカルUSEフラグを追跡したり、特定のパッケージのみに USEフラグを有効にしたい時に使用される。GTKの開発を行っていて、 GTK用のドキュメントは欲しいが、QTのドキュメントはいらないといった場合に、 極めて簡単にそれを実現することが可能である。

書式:

- # から始まる行はコメントである。
- 1行に1つのDEPENDアトムと、それに続けて空白区切りでUSEフラグのリストを記述する。

例:

# GTK 2.x のドキュメントを有効にする場合
=x11-libs/gtk+-2* doc
# QTのmysqlサポートを無効にする場合
x11-libs/qt -mysql
mirrors
Portageは、mirror:// の形式のURLに遭遇した場合、実際のホストをこのファイルから 検索する。もしミラーサイトがここに見つからない場合、グローバルなミラーサイトの ファイルである/usr/portage/profiles/thirdpartymirrorsを調べる。また、"local"と 呼ばれる特別なミラー種別も設定しているかもしれない。このミラーリストは、 GENTOO_MIRRORSより前に調べられ、パッケージにRESTRICT="nomirror"が指定してあっても 使用される。

書式:

- # から始まる行はコメントである。
- ミラーの種類と、それに続けてホストのリストを記述する。

例:

# 社内からのみ使用される、ローカルのプライベートなミラーの場合
local ftp://192.168.0.3/mirrors/gentoo http://192.168.0.4/distfiles

# 日本在住なので、日本のミラーを最初に使用したい場合
sourceforge http://keihanna.dl.sourceforge.net/sourceforge

# 台湾在住なので、GNUのローカルミラーを最初に使用したい場合
gnu ftp://ftp.nctu.edu.tw/UNIX/gnu/
categories
/usr/portage、PORTDIR_OVERLAY、PKGDIRで使用される、有効なカテゴリのリスト (make.conf(5)を参照のこと)。このファイルによって、カスタムカテゴリを 作成することが可能になる。

書式:

- 1行に1つのカテゴリを記述する。

例:

app-hackers
media-other
virtuals
このファイルはデフォルトでどのパッケージがvirtualを提供するのか制御する。 例えば、あるパッケージが e-mail を送る必要があるのであれば、 そのパッケージは virtual/mta を必要とする。 virtual/mta (qmail、sendmail、postfix、など)を提供するパッケージがなければ、 Portageはこのファイルを見てどのパッケージを使うか知る。 この例では、Gentoo は net-mail/ssmtp を (virtualsファイルで定義されている) デフォルトとして使う。 これは、e-mailを送るのにまさに最小のことだけをするパッケージだからである。

書式:
- コメントは # で始まる
- 1行につき1 virtual と DEPEND アトムベース

例:
# net-mail/ssmtp をデフォルトの mta に
virtual/mta net-mail/ssmtp
# app-dicts/aspell-en をデフォルトの辞書に
virtual/aspell-dict app-dicts/aspell-en

/usr/portage/profiles/
開発者によって管理されるGentooのグローバルな設定。これらの設定を上書きするには /etc/portage/にあるファイルを使用すること。
arch.list
すべての有効なKEYWORDのリスト。これには修飾子は含まれない。

書式:

- 1行に1つのKEYWORDを記述する。

例:

x86
ppc
sparc
categories
/usr/portage、PORTDIR_OVERLAY、PKGDIRで使用される、有効なカテゴリのリスト (make.conf(5)を参照のこと)。

書式:

- 1行に1つのカテゴリを記述する。

例:

app-admin
dev-lang
games-strategy
sys-kernel
package.mask
どのプロファイルにおいてもインストールされるべきでないパッケージに対する DEPENDアトムのリストが記述されている。最新のKDEのベータ版をPortageに 追加はするが、誰かが不本意にそれらにアップグレードしてしまわないようにする 時に使用される。また、セキュリティの問題で、特定のバージョンを手早く マスクしてしまいたい場合にも使用される。このファイルには、なぜそのパッケージが マスクされているのか、また、誰がマスクしたのかをコメントとして必ず記述すること。

書式:

- # から始まる行はコメントである。
-  1行に1つのDEPENDアトムを記述する。

例:

# セキュリティ対策
<sys-libs/zlib-1.1.4
# <caleb@gentoo.org> (10 Sep 2003)
# 新しいKDEのベータ版
=kde-base/kde-3.2.0_beta1
=kde-base/kdeaccessibility-3.2.0_beta1
thirdpartymirrors
mirror:// 形式のURLと、実際のミラーリストと対応づけを制御する。 こうすることで、1つのサーバーに過負荷がかかることを防ぐ。

書式:

- # から始まる行はコメントである。
- ミラー種別と、それに続けてホストのリストを記述する。

例:

sourceforge http://aleron.dl.sourceforge.net/sourceforge http://unc.dl.sourceforge.net/sourceforge

gentoo http://distro.ibiblio.org/pub/linux/distributions/gentoo/distfiles/ ftp://ftp.gtlib.cc.gatech.edu/pub/gentoo/distfiles

kernel http://www.kernel.org/pub http://www.us.kernel.org/pub
use.desc
全てのグローバルなUSEフラグは、それが何をするものなのかという説明と共に、 このファイルに記述されていなければならない。

書式:

- # から始まる行はコメントである。
- USEフラグ - 簡単な説明

例:

3dfx - Adds support for 3dfx video cards
acl - Adds support for Access Control Lists
doc - Adds extra documentation
use.local.desc
全てのローカルなUSEフラグは、パッケージ名とその説明と共に、 ここに記述されていなければならない。

書式:

- # から始まる行はコメントである。
- パッケージ:USEフラグ - 説明

例:

app-editors/nano:justify - Toggle the justify option
dev-games/clanlib:clanJavaScript - Enables javascript support
dev-libs/DirectFB:fusion - add Multi Application support
games-emulation/xmess:net - Add network support
use.mask
/etc/make.profile/にあるuse.maskのようなもの。 詳細は上記参照。
/var/lib/portage/
world
パッケージをemargeする時はいつでも、指定したパッケージ名はここに記録される。 そして、`emerge world -up`を実行したときには、パッケージのリストは このファイルから読み込まれる。依存関係のために、インストールされたパッケージまで ここに記述されるという意味ではないことに注意すること。例えば、 `emerge mod_php`を実行した段階で、まだapacheをインストールしていない場合、 "dev-php/mod_php"はworldファイルに記録されるが、"net-www/apache"は 記録されない。詳細は、emerge(1)を参照のこと。

書式:

- 1行に1つのDEPENDベースアトムを記述する。

例:

games-misc/fortune-mod-gentoo-dev
dev-libs/uclibc
app-cdr/cdemu
 

作者

Marius Mauch <genone@gentoo.org>
Mike Frysinger <vapier@gentoo.org>
Drake Wyrm <wyrm@haell.com>
 

バグの報告

バグは、http://bugs.gentoo.org/ から報告すること。  

参照

emerge(1), ebuild(1), ebuild(5), make.conf(5)  

CVS ヘッダ

原文: portage.5,v 1.18


 

Index

名前
説明
書式
用語解説
ファイルの説明
作者
バグの報告
参照
CVS ヘッダ

This document was created by man2html using the manual pages.
Time: 17:38:50 GMT, October 23, 2013

SVENSKA - pl