> Linux Reviews > man >

esearch


  1. esearch.1.man


1. esearch.1.man

Manpage of esearch

esearch

Section: Misc. Reference Manual Pages (1)
Updated: Januar 11, 2004
Index Return to Main Contents

 

名前

esearch - 検索インデックスで 'emerge search' を置換

 

書式

esearch [ オプション ] <パターン>

 

説明

esearch は小さなスクリプトで、まさしく emerge -s や emerge -S に それぞれ似せて動作する。emerge に対する esearch の長所は esearch が使う検索インデックスである。esearch は emerge -s/-S よりはるかに 高速である。

 

オプション

--help, -h
ヘルプメッセージを表示
--searchdesc, -S
パッケージの説明も検索
--fullname, -F
パッケージのフルネーム(カテゴリーを含む)を検索
--compact, -c
出力形式をもっとコンパクトにする
--ebuild, -e
見つかったパッケージの ebuild を見る
--output=format, -o format
ユーザ定義の出力形式を使う format は特殊文字を含みうる文字列である。 詳しくは「形式」のセクションを参照
--nocolor, -n
色つき出力に ANSI コードを使わない

 

形式

%c
カテゴリー
%n
パッケージ名
%p
"%c/%n" と同じ
%m
パッケージがマスクされていれば "masked" されていなければ ""
%va
利用可能な最新バージョン
%vi
インストールされている最新バージョン、インストールされていなければ ""
%s
ダウンロードされたファイルのサイズ
%h
ホームページ
%d
説明

 

esearch -o "/usr/portage/%p/ChangeLog
" ^package$
esearch -o "%n-%va.ebuild
" pattern
現在の ebuild ファイルの名前を表示する。
esearch -o "%p
" ^ > package-list
利用可能な全パッケージ一覧を生成する。

 

参照

emerge(1)

 

バグ

まだ既知のバグはない

 

作者

David Peter <davidpeter@web.de>


 

Index

名前
書式
説明
オプション
形式
参照
バグ
作者

This document was created by man2html using the manual pages.
Time: 17:38:20 GMT, October 23, 2013

SVENSKA