> Linux Reviews > man >

equery


  1. equery.1.man


1. equery.1.man

Manpage of equery

equery

Section: (1)
Updated: Oct 2005
Index Return to Main Contents
 

名前

equery - Gentoo: パッケージ検索ツール  

書式

equery [global-opts] command [local-opts]

 

説明

equery は、パッケージに含まれるファイルの一覧や、USE フラグ、指定されたパッケー ジに含まれるファイルの md5sum の一覧など、パッケージに関するさまざまな情報を表示 できる柔軟なユーティリティである。

 

オプション

equery に対して 'command' が必ず必要なオプションである。多くのコマンドは 'pkgspec' を必要とし、それは <カテゴリ/>パッケージ名<-バージョン> のような形式 である。つまり、パッケージ名が必須で、カテゴリ名やバージョンは任意ということであ る。

[global-opts] は次のうちのどれか:

-q, --quiet 最小限の表示だけにする

-C, --nocolor カラー表示をしない

-h, --help ヘルプを表示する

-V, --version equery のバージョンを表示する

-N, --no-pipe パイプ判定を無効にする

ひとつのコマンドのみが実際に実行される。有効なコマンドは次の通り:

belongs <local-opts> file
このコマンドは指定されたファイルが含まれている全てのパッケージを表示する。
注意: 通常、ひとつのファイルは、ひとつのパッケージにのみ含まれている。もし、同一 のファイルが複数のパッケージに含まれている場合、大抵は問題を起こすことになるので 報告 (http://bugs.gentoo.org) すべきである。
<local-opts> は次のうちのどれか、または全てを指定できる:
-c, --category cat 指定された cat カテゴリのみを検索する
-f, --full-regex 指定された問い合わせを正規表現として行う
-e, --earlyout 見つかった時点で終了する

check pkgspec
このコマンドは指定されたパッケージのファイルを、記録されている MD5 サム、タイム スタンプと比較する。

depends <local-opts> pkgspec
このコマンドは指定された pkgspec に一致する全ての依存関係を表示する
<local-opts> の次のうちのどれか、または全てを指定できる:
-a, --all-packages 全ての利用可能なパッケージを検索する (遅い)
-d, --direct 直接の依存関係のみを検索する (標準)
-D, --indirect 間接的な依存関係も検索する (とても遅い)

depgraph <local-opts> pkgspec
このコマンドは pkgspec の依存関係ツリーを表示する。デフォルトでは、お互いがどん な依存関係であるかを示すためインデントを付けてある。
<local-opts> は次のうちのどれか、または全てを指定できる:
-U, --no-useflags USE フラグを表示しない
-l, --linear 飾りづけをしない

files <local-opts> pkgspec
対象パッケージに含まれているファイルの一覧を <local-opts> で指定される情報とと もに表示する。

<local-opts> は次のものの組み合わせ:
--timestamp 各ファイルのタイムスタンプを表示する。
--md5sum 各ファイルの md5sum を表示する。
--type 各ファイルの種類を表示する
--filter=<rules> ファイルの種類かパスを元に出力を制限する
<rules> はカンマ区切りのフィルタリングルールのリスト。利用可能なルールは以下の通り:
dir  ディレクトリ
obj  ファイル
sym  シンボリックリンク
dev  デバイスノード
fifo 名前付きパイプ
path ファイルのインストール先の最短パス
conf 設定ファイル ($CONFIG_PROTECT を元に)
cmd  ユーザコマンド ($PATH を元に)
doc  ドキュメント (/usr/share/doc から)
man  マニュアル (/usr/share/man から)
info info ページ (/usr/share/info から)

hasuse <local-opts> useflag
このコマンドは指定された USE フラグの組み合わせに一致するものを、インストール済 みパッケージ、未インストールパッケージ、Portage ツリー、そして Portage オーバー レイツリーから列挙する。

<local-opts> -I のみの指定はできず、-I は -p と -o、もしくは -p か -o を 一緒に指定しなければならない。標準では、インストール済みパッケージのみ検索される。 -o はオーバーレイツリーのみ (インストール済みパッケージを含む) 検索され、 Portage ツリーは検索されない

-i, --installed インストール済みパッケージを検索する (標準)
-I, --exclude-installed インストール済みパッケージを検索しない
-p, --portage-tree Portage ツリー (/usr/portage) も検索する
-o, --overlay-tree オーバーレイツリー (/usr/local/portage) も検索する

list <local-opts> pkgspec
このコマンドは、指定された pkgspec に一致するパッケージを、インストール済みパッケージ、未インストールパッケージ、Portage ツリー、そして Portage オーバーレイツリーから列挙する。標準では、部分一致で検索をする。

<local-opts> -I のみの指定はできず、-I は -p と -o、もしくは -p か -o を 一緒に指定しなければならない。標準では、インストール済みパッケージのみ検索される。 -o はオーバーレイツリーのみ (インストール済みパッケージを含む) を検索され、 Portage ツリーは検索されない

-i, --installed インストール済みパッケージを検索する (標準)
-I, --exclude-installed インストール済みパッケージを検索しない
-p, --portage-tree Portage ツリー (/usr/portage) も検索する
-o, --overlay-tree オーバーレイツリー (/usr/local/portage) も検索する
-f, --full-regex 指定された問い合わせを正規表現として行う
-e, --exact-name 完全一致したパッケージのみを列挙する
-d, --duplicates 複数存在するパッケージのみを列挙する

例:

equery list zilla - 'zilla' という文字列を含むパッケージの、インストール済みの全バージョンを列挙する

equery list --exact-name x11-libs/gtk+ - x11-libs/gtk+ のインストール済みの全バージョンを列挙する

equery list --full-regex '(mozilla-firefox|mozilla-thunderbird)' - mozilla-firefox と mozilla-thunderbird のインストール済みの全バージョンを列挙する

equery list --duplicates - インストール済みのスロット化されたパッケージを全て列挙する

size <local-opts> pkgspec
このコマンドは指定されたパッケージに含まれるファイルの数と、そのサイズを適切な単 位で出力する。

唯一 <local-opts> に指定可能な引数:
-b, --bytes バイト単位でサイズを表示する

uses <local-opts> pkgspec
pkgspec の USE フラグを表示する。

唯一 <local-opts> に指定可能な引数:
-a, --all 未インストールパッケージを含める

which pkgspec
パッケージ pkgspec の ebuild へのフルパスを表示する

 

未実装オプション

changes

glsa - 当分の間 glsa-check を使用していただきたい。

stats

 

バグ

多くのオプションが実装されていない。コマンドライン解析はいくつかの作業に使えた。
バグ報告は http://bugs.gentoo.org まで。  

著者

equery, original man page: Karl Trygve Kalleberg <karltk@gentoo.org>, 2003.
Massive man page updates: Katerina Barone-Adesi <katerinab@gmail.com>, 2004.


 

Index

名前
書式
説明
オプション
未実装オプション
バグ
著者

This document was created by man2html using the manual pages.
Time: 17:38:20 GMT, October 23, 2013

SVENSKA