> Linux Reviews > man >

dpkg-deb


  1. dpkg-deb.1.man


1. dpkg-deb.1.man

Manpage of DPKG\-DEB

DPKG\-DEB

Section: Debian GNU/Linux manual (1)
Updated: 1st June 1996
Index Return to Main Contents
 

名前

dpkg-deb - Debian パッケージアーカイブ(.deb) 操作ツール  

書式

dpkg-deb -b|--build directory [archive|directory]
dpkg-deb -I|--info archive [control-file-name ..]
dpkg-deb -f|--field archive [control-field-name ...]
dpkg-deb -c|--contents archive
dpkg-deb -x|--extract|-X|--vextract archive directory
dpkg-deb --fsys-tarfile archive
dpkg-deb --control archive directory  

説明

dpkg-deb は、Debian アーカイブの作成、展開、情報の表示をする。

パッケージをシステムにインストールするときや削除するときには dpkg を使うこと。

また、 dpkg に対して dpkg-deb のオプションを指定することで、 dpkg を通して dpkg-deb を呼び出すことができる。 dpkg は、オプションが dpkg-deb のオプションであると判断すると、 dpkg-deb を起動する。

 

アクション・オプション

--build, -b
directory に格納されているファイルシステム木から debian アーカイブを作成する。 directory には、control ファイルなどの制御情報ファイルのある DEBIAN サブディレクトリが必ず存在しなければならない。 DEBIAN ディレクトリはバイナリパッケージのファイルシステム・ アーカイブには 含まれない 。そのかわり、DEBIAN ディレクトリ以下にあったファイルは バイナリパッケージ制御情報エリアに置かれる。

圧縮レベルを指定する場合は、 -z# オプションを追加する。 dpkg-deb は、このオプションを gzip に渡す。

--nocheck を指定しないかぎり、 dpkg-debDEBIAN/control を読み、解析する。 dpkg-debは、文法エラーやその他の問題のチェックをし、 そして、構築中のバイナリパッケージ名を表示する。 dpkg-deb はまた、 DEBIAN 管理情報ディレクトリにある、管理スクリプトやその他の ファイルのパーミッションをチェックする。

もし、 archive を指定しない場合、 dpkg-deb はパッケージを directory.deb という名前で作成する。

もし、すでにアーカイブが作成されて存在している場合、上書きする。

2番目の引き数がディレクトリの場合、 dpkg-debpackage_version_arch.deb または package_version.deb (パッケージ制御ファイルに Architecture フィールドがない場合)というファイルを作成する。 アーカイブの代わりにディレクトリを指定するときには、 --nocheck オプションは使用してはいけない( dpkg-deb は、使用するファイル名を調べるために、パッケージ制御ファイルを読んで解析 する必要があるから)。

--info, -I
バイナリパッケージアーカイブの情報を表示する。

もし control-file-name が指定されていない場合、制御ファイル一覧と、パッケージの中身の要約を 表示する。

もし control-file-name を指定した場合、 dpkg-deb は指定した順でファイル名を表示する。もし指定したファイルのどれかが 存在しなければ、存在しなかったファイルに対してそれぞれ エラーメッセージを表示し、そして終了ステータス2で終了する。

--field, -f
バイナリパッケージアーカイブから制御ファイル情報を取り出す。

control-file-field が指定されていない場合、制御ファイルすべてを表示する。

もし何か指定されている場合、 dpkg-deb はその内容を制御ファイルに現われる順序で表示する。もし、複数の control-file-field が指定された場合、 dpkg-deb は、それぞれの情報の前にフィールド名(そしてコロンと空白)を表示する。

指定したフィールドがみつからない場合でもエラーを報告しない。

--contents, -c
パッケージアーカイブに含まれるファイルシステム木の 内容の一覧を表示する。現在のバージョンは、 tar の冗長出力(-v オプション)をそのまま表示する。
--extract, -x, --vextract, -X
パッケージアーカイブからファイルシステム木を指定したディレクトリに展開する。

--vextract (-X) は現在展開中のファイルを表示する。 --extract (-x) はエラーが発生しない限り何も表示しない。

ルートディレクトリでパッケージを展開することは正しいインストールには ならない ことに注意すること! パッケージのインストールには dpkg を使うべきである。

directory (親やそれより上のディレクトリは含まない)は必要があれば作成される。

--fsys-tarfile
バイナリパッケージからファイルシステム木を展開し、標準出力に tar 形式で出力する。 tar と共に使用することで、特定のファイルをパッケージアーカイブから取り出す ことができる。
--control, -e
パッケージアーカイブから制御情報ファイルを指定したディレクトリに展開する。

もしディレクトリが指定されない場合、カレントディレクトリにある DEBIAN サブディレクトリに展開する。

指定したディレクトリ(親やそれより上のディレクトリは含まない)は必要が あれば作成される。

--help, -h
dpkg-deb の使用方法、つまりすべてのオプションとその使い方の要約を表示する。
--version
dpkg-deb のバージョン番号を表示する。
--licence
dpkg-deb の著作権と無保証に関する情報を表示する。(アメリカ式の綴りである --license もサポートしている)
 

その他のオプション

--new
dpkg-deb に‘新しい’形式のアーカイブで構築させる。これはデフォルトの動作である。
--old
dpkg-deb に‘古い’形式のアーカイブを構築させる。この古いアーカイブ形式は、 新しい形式よりも非 Debian ツールで処理することが難しく、現在は 使用されていない。 このオプションは、i386 の a.out形式のみを対象としてリリースされた、 バージョン 0.93.76(1995年9月)以前の dpkg で処理するためのパッケージを 構築するときだけに使用される。
--nocheck
dpkg-deb --build のときにアーカイブの中身を確認することをやめさせる。これによって、 アーカイブの中身にどのように問題があっても、望むアーカイブを構築する ことができる。
--debug, -D
デバッグ出力を有効にする。これはあまり役に立たない。
 

バグ

dpkg-deb -I package1.deb package2.deb はうまく動作しない。

.deb ファイル自体には認証の手段がない。実際、単純なチェックサムさえもない。

dpkg-deb でソフトウェアをインストールしようとしてはいけない! すべてのファイルを 正しい位置に置き、パッケージのスクリプトを実行し、状態や内容を記録する、 ということを確実に実行させるのであれば、 dpkg を使うべきである。  

関連項目

deb(5), deb-control(5), dpkg(8), dselect(8).  

著者

dpkg-deb とこのマニュアルページは Ian Jackson が作成した。これらの著作権は彼に あり(Copyright (C)1995-1996)、GNU 一般公有使用許諾により頒布される。 これらは無保証である。詳細は /usr/share/doc/dpkg/copyright/usr/share/common-licenses/GPL を参照すること。

( dpkg-deb and this manpage were written by Ian Jackson. They are Copyright (C)1995-1996 by him and released under the GNU General Public Licence; there is NO WARRANTY. See /usr/share/doc/dpkg/copyright and /usr/share/common-licenses/GPL for details. )  

日本語版翻訳

喜瀬浩 <fuyuneko@ryukyu.ne.jp>  

日本語版校正

Debian JP Documentation ML <debian-doc@debian.or.jp>  

翻訳者注

このマニュアルページは dpkg パッケージのバージョン1.9.0に付属の dpkg-deb(1)の日本語訳である。


 

Index

名前
書式
説明
アクション・オプション
その他のオプション
バグ
関連項目
著者
日本語版翻訳
日本語版校正
翻訳者注

This document was created by man2html using the manual pages.
Time: 17:38:18 GMT, October 23, 2013

SVENSKA - SVENSKA - pl