> Linux Reviews > man >

dirfd


  1. dirfd.3.man


1. dirfd.3.man

Manpage of DIRFD

DIRFD

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2010-09-26
Index Return to Main Contents
 

名前

dirfd - ディレクトリ・ストリームのファイル・ディスクリプタを取得する  

書式

#include <sys/types.h>
#include <dirent.h>

int dirfd(DIR *dirp);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

dirfd():

_BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE
|| /* glibc 2.10 以降: */
(_POSIX_C_SOURCE >= 200809L || _XOPEN_SOURCE >= 700)
 

説明

関数 dirfd() はディレクトリ・ストリーム dirp に関連づけられたファイル・ディスクリプタを返す。

このディスクリプタはディレクトリ・ストリームが内部で使用するものである。 よって、ファイルの位置に依存せず、かつその位置を変更しない関数 fstat(2) や fchdir(2) などでしか役に立たない。 このディスクリプタは closedir(3) が呼ばれたときに自動的にクローズされる。  

返り値

成功すると、負でない値のファイルディスクリプタが返される。 エラーの場合は -1 が返される。  

エラー

POSIX.1-2008 では 2 つのエラーが規定されている。 現在の実装ではどちらのエラーも返されない。
EINVAL
dirp が有効なディレクトリ・ストリームを参照していない。
ENOTSUP
この実装では、ファイルディスクリプタのディレクトリとの関連付けが サポートされていない。
 

準拠

POSIX.1-2008. この関数は BSD 拡張であった。 4.3BSD-Reno には存在するが、4.2BSD には存在しない。  

注意

dirfd() のプロトタイプが使用可能なのは、 _BSD_SOURCE または _SVID_SOURCE が定義されたときのみである。  

関連項目

open(2), closedir(3), opendir(3), readdir(3), rewinddir(3), scandir(3), seekdir(3), telldir(3)


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
関連項目

This document was created by man2html using the manual pages.
Time: 17:38:17 GMT, October 23, 2013

SVENSKA - SVENSKA - SVENSKA