> Linux Reviews > man >

daemon


  1. daemon.3.man


1. daemon.3.man

Manpage of DAEMON

DAEMON

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2009-12-05
Index Return to Main Contents
 

名前

daemon - バックグラウンドで動作させる  

書式

#include <unistd.h>

int daemon(int nochdir, int noclose); glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):  

説明

daemon() は、制御端末から分離させてシステムデーモンとして動作させたい プログラムのための関数である。

nochdir が 0 の場合、 daemon() は呼び出したプロセスの現在の作業ディレクトリ (current working directory) をルートディレクトリ ("/") に変更する。 それ以外の場合、現在の作業ディレクトリは変更されない。

noclose が 0 の場合、 daemon() は標準入力・標準出力・標準エラーを /dev/null にリダイレクトする。 それ以外の場合、これらのファイル・ディスクリプタは変更されない。  

返り値

(この関数が fork して fork(2) が成功すると、親プロセスでは _exit(2) を呼び出すので、これ以降のエラーは子プロセスからしか見れない)。 成功した場合、 daemon() は 0 を返す。 エラーが起こった場合、 daemon() は -1 を返す。 さらに、 errnofork(2) と setsid(2) に関して規定されたエラーを設定する。  

準拠

POSIX.1-2001 にはない。 同様の関数が BSD には見られる。 daemon() 関数は 4.4BSD で始めて登場した。  

注意

/dev/null は存在するが、想定するメジャー番号とマイナー番号の キャラクタデバイスでなかった場合、 glibc の実装でも -1 が返される。 この場合、 errno が設定される必要はない。  

関連項目

fork(2), setsid(2)


 

Index

名前
書式
説明
返り値
準拠
注意
関連項目

This document was created by man2html using the manual pages.
Time: 17:38:14 GMT, October 23, 2013

SVENSKA - SVENSKA - SVENSKA - SVENSKA - SVENSKA - pl