> Linux Reviews > man >

column


  1. column.1.man


1. column.1.man

Manpage of COLUMN

COLUMN

Section: User Commands (1)
Index Return to Main Contents

BSD mandoc
 

名称

column - 入力を複数列に整形する  

書式

column [-tx ] [-c columns ] [-s sep ] [file ... ]  

解説

は、入力を複数カラムに分けて整形します。 列より先に行を埋めます。 file が 指定されていれば file を、指定されていなければ標準入力を処理します。空行は無視されます。

オプション:

-c
表示の幅を columns にしてフォーマットします。
-s
-t オプションを使う時に、入力行をカラムに分ける区切り文字 (複数でも良い) を 指定します。
-t
入力行のカラム数を判定し、表を作ります。 カラムの区切りは、 -s オプションで指定された文字か、指定されていない場合は空白文字です。 画面表示をきれいに整形するのに便利です。
-x
行を埋める前に列を埋めます。

 

診断

Ex -std  

環境変数

COLUMNS
他に情報が得られない時に、画面の横幅を指定します。

 

使用例

(printf "PERM LINKS OWNER GROUP SIZE MONTH DAY " ; \
printf "HH:MM/YEAR NAME
" ; \
ls -l | sed 1d) | column -t
 

関連項目

colrm(1), ls(1), paste(1), sort(1)  

歴史

コマンドは BSD 4.3 Reno から登場しました。


 

Index

名称
書式
解説
診断
環境変数
使用例
関連項目
歴史

This document was created by man2html using the manual pages.
Time: 17:38:12 GMT, October 23, 2013

SVENSKA - SVENSKA