> Linux Reviews > man >

close


  1. close.2.man
  2. close.9.man


1. close.2.man

Manpage of CLOSE

CLOSE

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2007-12-28
Index Return to Main Contents
 

名前

close - ファイルディスクリプタをクローズする  

書式

#include <unistd.h>

int close(int fd);
 

説明

close() は、ファイルディスクリプタをクローズする。 そのディスクリプタは、どのファイルも参照していない状態になり、 再利用が可能になる。 そのファイルディスクリプタに関連づけられたファイルに かけられたレコード・ロック (fcntl(2) 参照) のうち、そのプロセスが保有しているものは、 (そのファイルディスクリプタがロック取得に利用されたか どうかによらず) すべて削除される。

fd が、対応するオープンファイル記述 (open file description) (open(2) 参照) を参照する最後のファイルディスクリプタだった場合、 オープンファイル記述に関連するリソースが解放される。 そのディスクリプタが、 unlink を使用して削除 (remove) されたファイルに対する最後の参照だった場合には、 そのファイルは削除 (delete) される。  

返り値

close() は成功した場合は 0 を返す。 エラーが発生した場合は -1 を返して、 errno を適切に設定する。  

エラー

EBADF
fd が有効なオープンされたディスクリプタでない。
EINTR
close() コールがシグナルにより中断 (interrupt) された。 signal(7) 参照。
EIO
I/O エラーが発生した。
 

準拠

SVr4, 4.3BSD, POSIX.1-2001.  

注意

close() の返り値のチェックはよく省略されるが、 これは深刻なプログラミングエラーである。 前の write(2) 処理に関するエラーが最後の close() のときになって初めて通知される場合がありうる。 ファイルクローズの際に返り値をチェックしないと、 気付かないうちにデータを失ってしまうかもしれない。 これは特に NFS やディスク・クォータを使用した場合に見られる。

クローズに成功しても、データがディスクに保存されたかどうかは 保証されない (カーネルが書きこみを遅延させることがあるためである)。 ストリームがクローズされるときにバッファをフラッシュするかどうかは、 ファイルシステムによって異なる。 データが物理的に保存されることを保証する必要がある場合には、 fsync(2) を使用すること (fsync(3) を行った時点で、データの保存はディスクのハードウェアに依存する 問題となる)。

同じプロセス内の他のスレッドのシステムコールが使用している可能性がある間に、 ファイルディスクリプタをクローズするのは、おそらく賢明ではないだろう。 ファイルディスクリプタは再利用されるかもしれないので、 あいまいな競合条件となることがあり、意図しない副作用の原因となりうる。  

関連項目

fcntl(2), fsync(2), open(2), shutdown(2), unlink(2), fclose(3)


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
関連項目

This document was created by man2html using the manual pages.
Time: 17:38:12 GMT, October 23, 2013

2. close.9.man

Manpage of close

close

Section: Tcl Built-In Commands (n)
Updated: 7.5
Index Return to Main Contents



 

NAME

close - Close an open channel  

SYNOPSIS

close channelId



 

DESCRIPTION

Closes the channel given by channelId.

ChannelId must be an identifier for an open channel such as a Tcl standard channel (stdin, stdout, or stderr), the return value from an invocation of open or socket, or the result of a channel creation command provided by a Tcl extension.

All buffered output is flushed to the channel's output device, any buffered input is discarded, the underlying file or device is closed, and channelId becomes unavailable for use.

If the channel is blocking, the command does not return until all output is flushed. If the channel is nonblocking and there is unflushed output, the channel remains open and the command returns immediately; output will be flushed in the background and the channel will be closed when all the flushing is complete.

If channelId is a blocking channel for a command pipeline then close waits for the child processes to complete.

If the channel is shared between interpreters, then close makes channelId unavailable in the invoking interpreter but has no other effect until all of the sharing interpreters have closed the channel. When the last interpreter in which the channel is registered invokes close, the cleanup actions described above occur. See the interp command for a description of channel sharing.

Channels are automatically closed when an interpreter is destroyed and when the process exits. Channels are switched to blocking mode, to ensure that all output is correctly flushed before the process exits.

The command returns an empty string, and may generate an error if an error occurs while flushing output. If a command in a command pipeline created with open returns an error, close generates an error (similar to the exec command.)  

EXAMPLE

This illustrates how you can use Tcl to ensure that files get closed even when errors happen by combining catch, close and return:

proc withOpenFile {filename channelVar script} {
    upvar 1 $channelVar chan
    set chan [open $filename]
    catch {
        uplevel 1 $script
    } result options
    close $chan
    return -options $options $result
}

 

SEE ALSO

file(n), open(n), socket(n), eof(n), Tcl_StandardChannels(3)

 

KEYWORDS

blocking, channel, close, nonblocking


 

Index

NAME
SYNOPSIS
DESCRIPTION
EXAMPLE
SEE ALSO
KEYWORDS

This document was created by man2html using the manual pages.
Time: 17:38:12 GMT, October 23, 2013

SVENSKA - SVENSKA - SVENSKA - cs - da - SVENSKA - SVENSKA - SVENSKA - SVENSKA - nl - pl - ro - SVENSKA - zh_CN