> Linux Reviews > man >

atoi


  1. atoi.3.man


1. atoi.3.man

Manpage of ATOI

ATOI

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2010-09-20
Index Return to Main Contents
 

名前

atoi, atol, atoll, atoq - 文字列を整数型に変換する  

書式

#include <stdlib.h>

int atoi(const char *nptr);

long atol(const char *nptr);
long long atoll(const char *nptr);
long long atoq(const char *nptr);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

atoll():

_BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 600 || _ISOC99_SOURCE || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L;
or cc -std=c99
 

説明

atoi() 関数は、nptr によって指示される文字列のはじめの部分を int 型整数に変換する。 この振る舞いは、 atoi() 関数がエラーを見つけない点以外は、

strtol(nptr, (char **) NULL, 10);

と同じである。

atol() 関数と atoll() 関数は atoi() と同様の振る舞いをするが、 文字列のはじめの部分をそれぞれ longlong long に変換する。 atoq() は atoll() の古い名前である。  

返り値

変換された値。  

準拠

SVr4, POSIX.1-2001, 4.3BSD, C99. C89 と POSIX.1-1996 には atoi() と atol() だけが含まれている。 atoq() は GNU による拡張である。  

注意

非標準である atoq() 関数は libc 4.6.27 や glibc 2 には含まれていないが、 libc5 と libc 4.7 には存在している (ただし libc 5.4.44 までは <stdlib.h> のインライン関数のみである)。 atoll() 関数は glibc 2 のバージョン 2.0.2 から存在しているが、 libc4 や libc5 には存在しない。  

関連項目

atof(3), strtod(3), strtol(3), strtoul(3)


 

Index

名前
書式
説明
返り値
準拠
注意
関連項目

This document was created by man2html using the manual pages.
Time: 17:38:07 GMT, October 23, 2013

SVENSKA - cs - SVENSKA - SVENSKA - SVENSKA - pl - SVENSKA