> Linux Reviews > man >

aio_write


  1. aio_write.3.man


1. aio_write.3.man

Manpage of AIO_WRITE

AIO_WRITE

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2003-11-14
Index Return to Main Contents
 

名前

aio_write - 非同期で書き込む  

書式

#include <aio.h>

int aio_write(struct aiocb *aiocbp);

-lrt でリンクする。  

説明

aio_write() 関数は非同期の "n = write(fd, buf, count)" をリクエストする。 ここで fd, buf, count は、それぞれ aiocbp->aio_fildes, aiocbp->aio_buf, aiocbp->aio_nbytes で与えられる。 返り値 (return status) n は、完了時に aio_return(3) を使って取得できる。

O_APPEND が設定されない場合、カレントのファイル位置に関係なく、 データは絶対ファイルオフセット aiocbp->aio_offset を開始点として書き込まれる。 O_APPEND が設定されている場合、データはファイルの終端に書き込まれる。 このリクエストの後の、カレントのファイル位置は規定されていない。

「非同期」とは「リクエストがキューに入れられたら、この呼び出しはすぐに返る」 ということである。 呼び出しから戻った時に、書き込みは完了しているかも知れないし、 完了していないかも知れない。 aio_error(3) を使うことで完了したかをテストできる。

_POSIX_PRIORITIZED_IO が定義されていて、 かつファイルがこれをサポートしている場合、 非同期操作は呼び出したプロセスの優先度から aiocbp->aio_reqprio を引いた優先度で登録 (submit) される。

フィールド aiocbp->aio_lio_opcode は無視される。

最大オフセットを超えた通常のファイルには、何もデータが書き込まれない。  

返り値

成功した場合、0 が返される。 エラーの場合、リクエストはキューに入れられず、 -1 が返されて、 errno が適切に設定される。 エラーは最初に検知された後で、 (状態 -1 を返す) aio_return(3) と (errno で取得できる EBADF のようなエラー状態を返す) aio_error(3) で報告されるだろう。  

エラー

EAGAIN
リソースが足りない。
EBADF
aio_fildes は書き込みのためにオープンされた有効なファイルディスクリプタでない。
EFBIG
ファイルは通常のファイルであり、少なくとも 1 バイトを書き込もうとしている。 しかし開始位置が、このファイルの最大オフセットと同じかそれを超えている。
EINVAL
aio_offset, aio_reqprio, aio_nbytes のうち 1 つ以上が無効である。
ENOSYS
この関数がサポートされていない。
 

準拠

POSIX.1-2001.  

注意

使用する前に制御ブロックを 0 にしておくのは、よい考えである。 この制御ブロックは、読み込み操作が進行している間は変更すべきでない。 読み込まれるバッファ領域は 操作の最中にアクセスすべきではない。 さもないと起こる結果が不定になる。 これに含まれるメモリ領域は、有効なままにしなければならない。  

関連項目

aio_cancel(3), aio_error(3), aio_fsync(3), aio_read(3), aio_return(3), aio_suspend(3)


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
関連項目

This document was created by man2html using the manual pages.
Time: 17:38:04 GMT, October 23, 2013

SVENSKA - SVENSKA